ホーム > 會館紹介

會館紹介

呈峰會館で修得できるもの

空手道(フルコンタクトカラテ含む)

キックやパンチを、素手素足で行うもの。
(本来の投げ・極めがある闘技は、沖縄空手・琉球空手という別のものとなります。)

組討道

空手道に投げ・極め(柔道)と、武器術(剣道)を組み込んだ護身術。 制圧を目的とする。

呈峰會館の特徴(使用する場合は會館の許可が必要です。)

  • オリジナルカリキュラム
    たんに技を級・段にあわせて振り分けたものではありません。
    その人の力量、身体的特徴、性別、上達段階に応じて、上達が実感できます。
  • 密着戦術
    一般的には離れた方が安全といいますが、当會館の戦術は近い間合いで戦う術で、
    その内容をオリジナルカリキュラムに反映しています。当會館独自の戦術です。
    離れる事ができるなら、走って逃げるべきです。
  • 親子で一緒にできる
    3歳以上の人間であれば、全ての人が、勝ったり負けたり。技を使いこなす事を楽しめるよう、
    時に笑い、時に励まし合い。年齢によって分ける事はありません。

ルーツ

「空手道」

現在、無数の流派が存在し、世界中で知られ、親しまれる空手ですが、現在の「空手」のイメージが誕生、定着したのは最近のことです。 「空手」誕生以前の大正11年、東京で体育展覧会が行なわれています。これが琉球(現在の“沖縄”)という限定された地域の “唐手”や“手”と呼ばれる武術が公に発表された場とされています。 このとき公開したのが沖縄県の代表であった「船越義珍」です。 「船越義珍」は、体育展覧会を見た柔道家「嘉納治五郎」によって講道館に招待され、そこで演武を行ないました。さらにそれからしばらくの間、講道館において空手の講習会も実施したとされています。 元来、道着のなかった“唐手”や“手”でありますが、この時に借りた柔道衣が、後に空手衣へと変化したと伝えられています。 講道館における柔道との交流は「突き蹴りの武道は空手」、「投げ極めは柔道」と、現在にいたる空手の運命を決定づけたようです。 その後、昭和10年前後に、「船越義珍」によって「唐」の字が「空」へと改められることとなり「空手」の名称が誕生し、競技化が進むにつれ、従来“唐手”や“手”にも存在した「投げ技やつかみ技」が排除され、突き蹴りに特化した武道になってきました。

「組討道(くみうちどう)」

近世以前、戦場では敵将を倒し、組み伏せて、鎧通し(刃物)でその首をとる事がなされましたが、これを組討(くみうち)といい、この組討は古代から角力(すもう)又は古代相撲として行われてきました。 角力では打つ、蹴るなどの方法もとられていたことが『古事記』や『日本書紀』の記述などから伺われます。 「すもう」と表現すると現在の相撲と混同しがちですが全く異なるものです。弓・火器、槍、刀剣の間合いに続く格闘において、微力でもって剛強の人を組み伏せ、制圧する事を目的としたものが「角力」であり、なんとしてでも生き延びるための護身術が「組討」であり、これを当會館が武道として練り上げたものが「組討道」です。

指導内容

まず突き蹴り(パンチやキック=空手道)の修行を行って頂きます。これは、突きや蹴りが下手では、武器(得物)に頼ろうと思い武器を手にしたとしても、結局使いこなせず護身術には繋がらないと考えている為です。

突き蹴り(空手道)の修行を積み、空手の技を習得した上で、その他の技や武器の稽古も行い、双方の積み上げてきたものを更に練り上げ、組討に近づけてゆきます。

また、競技は審判が早目に介入する為、ルールによって勝敗が決定します。相手を制圧することは重視されていないのが現実です。当會館の「組討道」では、突きや蹴りを基本とし、相手を投げ、最終的に相手を制圧するまでを実施できてこそ勝敗決定=生還と考えています。

突き蹴りを基本とし、現代にあわせて、携行できる武器及び人数等条件の違う場合にも対応できる闘技法を「組討」とし、以上をもって呈峰會館の「武」(=闘技方法)としております。

「組討道」は形式的(形骸的)な護身術や冴えを意識した稽古ではなく、會館独自の実践的な稽古体系と日本本来の精神性を融合したものです。平和な現代では忘れ去られた実践的な闘技法が確立されており、当然、我々の技は競技種目にも容易に対応できる高度な武道となっております。

呈峰會館の目的

  • 日本古来より伝わる組討という突きや蹴りを基本とした武術を、會館独自の実践的な稽古体系と日本本来の精神性を融合し、再構築し広めてゆく事
  • 強い強いと力を誇示したり、威圧する事が目的ではなく、皆と仲良く生きて行く事が出来るという武道本来の目的を広めてゆく事
  • 「親子で一緒に出来る組討道(空手道)」であり、当會館独自の指導方針をもって健康・護身術・行儀(しつけ)を広めてゆく事

呈峰會館の特徴・信念

  • 本来日本には突きや蹴り(キックやパンチ)を基本とした闘技がありました。しかし戦いが無くなり、 その時期を境にこの言葉及び闘技が衰退をし、現在では一般的に耳にすることも無くなりました。 当會館では実践的な闘技法が確立されており、当然、我々の技は競技種目にも容易に対応できる高度な武道となっております。
  • 競技(試合)というものは、目標にはならないと考えております。 これはどのスポーツにおいても同じです。競技は発表会の延長線上にあるものと考えます。 競技(試合)を目的にしてしまうと、競技(試合)で成果を挙げることが優先となり、 日頃の稽古において基本技や護身術・行儀(しつけ)の指導をするよりも、競技と同じ稽古が優先されます。 競技(試合)での成果があがるからです。そうなるとそれが全てとなり、成果を誇示するようになります。 この運動を行うことにより、人生においてどれだけのメリットがあるかという事が重要です。 誇示したり威圧をすれば友達は遠くなって行きます。友人とは異なる人たちが集まってきます。 武とは矛を止めると書きます。武道本来の目的である争うより手をつなぎあうということを広めてゆきたいと思っています。
  • 日頃の稽古内容で、競技(試合)を目的にしてしまうと競技(試合)と同じような稽古を沢山稽古したほうが成果は出ると前記しました。 当會館は競技(試合)を全く目的としておりません。したがって大人・子供の区別もありません。 覚えるスピードは少々違っても、最終的には同じ事が絶対出来るようになれます。 目的はこの運動が上手になることです。人とあらそって成果をあげる事ではありません。 親子で同じ時間に、同じ運動をし、同じ汗をかく事により、心の距離が近くなることや、 言葉ではおぎないきれない人間関係(親子間または他の生徒)の構築に大きな影響を与えることができます。 組討というのは団体戦も含みます。人と仲良くなれなければ団体戦には向きません。

組討道には忘れてはいけない「護身術」という本来の側面があります。 競技という限られた技の使用密度を高める事ばかりやっていても護身をする術にはなりません。

健康

他人をたたいたり蹴ったりして健康っておかしいと思われると思いますが、他人に何かをするのではなく、 この運動をする事により、自分の健康にどれだけ寄与できるかです。

創始者の言葉

私の母が脳溢血でたおれたのですが、病院で母の手を握りながら「母さん幸せな人生だったよね」と話した事があります。 母は84歳の誕生日の少し前に倒れたのですが、その年まで大きな病気も無く、薬も飲まず、食事制限も無く、 内臓・血管はとても健康な状態でした。毎日朝早くから夜日が落ちてしまうまで田畑で野良仕事をしており、 楽しみといえば畑で隣の人と話をして笑っている事ぐらいでした。

毎日朝から夜まで仕事をし、沢山汗をかき、沢山水を飲み、笑ってすごす事を目いっぱい楽しんでいました。

50歳もすぎてみるとお医者さんから言われて色んな薬を飲んでみたり、食事制限が必要になったりする方が多いと思います。 健康は今が一番健康と思っていただきたい。 ゲームのように何かしらアイテムを拾うと力が付いたり、うまく行かなければやり直したりはありません。 運動をしていただく事により、薬を飲まなくてすむように、また現在飲んでいる方は飲む量が減るように、 子供の頃のように何でも苦にならずに動けるようになる事が健康になる事だと思います。 たんに栄養のあるものを食べるだけでは、体が必要としていなければ排尿・排便されてしまうだけです。

護身術

元来、簡単な護身術など存在しません。それなりの稽古をして、使えるようにならないとだめです。「知っている」より、「使える」という事が必要です。
当會館の考える護身術は、小手先の技ではなく、危機に遭遇してしまった時に怪我をせずに逃げる時間を作る事だと考えております。
危機に遭遇した時の相手方の状況は、常人の思考・力量ではない為、「力が要らなく、相手に怪我もさせない」護身術はありません。
その人が持ちうる力量と経験を、精一杯使用しないと回避する事は出来ません。

力量とはできるだけ心拍数を上げずに筋力を豊かにする事です。
経験とは身体機能を最大限に活用し、可能性を信じ、勉強と正しい反復稽古をする事で得られます。

しかしその両方(力量と経験)とも縛られた悲壮感(締め付けられた稽古)の中からは生まれません。 一生懸命な、遊び心というドレッシングをかけた時、生まれると感じております。

ただしこの可能性というのが曲者で、色々な目的の為、流派として分かれてしまうわけです。 「呈峰」のごとく最終到達点(峰)は皆同じです。問題はその登る人に道を教える(呈)事が大切ですね。