ホーム > 組討道について

組討道について【商標登録内容】

組討道 商標登録 登録第5272861号

指定商品または指定役務並びに商品及び役務の区分 第25類及び第41類
以上の内容によりこの名前を使用する場合は許可が必要となります。

呈峰會館で行う「組討道」とは

組討道とは護身術である。
稽古の一部としてではなく、今までに無い競技種目として闘技法を確立し、稽古体系と日本本来の精神性を融合したものである。
1) 組討道は第一の目的を、条件による闘技を言うのではなく、危機に遭遇してしまった時の回避方法を言う。
2) 組討道とは突き蹴りを基本とし、携行できる武器及び人数等条件の違う場合もある闘技法を言う。

護身術の定義

条件が同じ、もしくはこちらのが悪い場合は戦わないほうが良い。 必ず優位な条件が揃った時、相手に対してむかうのであって、その条件が揃わなければ逃げる事。

新聞たたき

同条件でも数の原理で優位に立てる。数の有効性を理解して頂きたい

闘技法(色々な戦いを体験する)

条件が同じ(*1)あるいは条件の異なった(*2)者の闘技
*1 素手どうし(現在のフルコンタクトカラテ)または棒どうし、または短刀どうし
*2 素手対棒または棒対短刀等条件の違う相手との戦い

使用武器

1.棒(隠し持てる長さ)
2.短刀(合口)

使用防具

1.拳サポータ
2.すね当て
3.フアールカップ又はアンダーガード
4.マウスピース
5.頭部の防具

*ここに載せてある文章及び内容を、許可無く使用する事は一切出来ません。