ホーム > 入門案内

入門案内

はじめに

武道感

当會館の武道とは、「他人様にどれだけの事をしてあげられるか」
武道に対しては色々な捉え方がありますが、当會館ではこのように解釈しております。
己の事だけを考えるのではなく、又地位や立場を利用せず、他から必要として頂き、親われる己になること。
これが一つの大きな目標であります。

呈峰會館の組討道(空手道)

組討道(空手道)とは、機に際しては迅速に行動して敵を迎え討つ日本古来の武術です。
決して人を傷つける為のものではありません。
立ち会いの時互いに構えた所から始まる競技空手と違い、当會館では相対した状態からの勝負を想定しています。
万が一危機に遭遇してしまった場合当會館では、敵に当たり、握拳から敵の数と配置に則した一連の立ち回り、そしてその後の開拳までの動作を形として伝えるものと考えます。
主に基本稽古を行うので、老若男女を問わず、それぞれ自分の体力や、晴雨に係わらず稽古時間も自由に調整し、備品もさほど要らず、誰にでも出来る武道です。

  • 当會館の目的は「健康」と「護身術」です。少年部については特に「しつけ」が一番の目的となっております。
    試合や競技を目的としていないので、出場を強制したりなど一切ありません。 試合や競技はやってみたい人が、参加したい時のみで結構です。 競技は沢山ありますので、いつでも皆と同条件で出場できます。

  • 3歳以上で中学生までの男女を少年男女、高校生以上の男女を成人男女とさせて頂いておりますが、
    級別・年齢別・性別で稽古を分ける事はありません。
    皆で一緒に稽古をするから武道といいます。上級者が初心者に力いっぱい立ち向かう事はありません。
    初心者の方達に上達してもらわないと自分達も上手になれない、井の中の蛙という事を知っているからです。
    また、少年部に在籍している錬士で今行っている稽古内容よりもっと稽古したいと思われた場合は、
    年齢に関係なく大人の稽古に参加できます。その場合月会費は高校生価格となります。

  • 当會館の指導者は、財団法人日本体育協会公認のスポーツリーダー資格を有した者が指導をしております。

呈峰會館道訓

クリックすると拡大できます。

道訓

修行の礎

クリックすると拡大できます。

修行の礎

入門制限

  • 本會館では反社会的勢力及びそれに類似する団体に、在籍及び交友関係のある者は一切の立ち入りを禁止致します。 また、入会後判明した場合は、速やかに退会手続きをとり、返金を要しません。
  • 刺青等生後故意とみられる模様の入っている方は、入会できません。また、該当者は同居の親族関係者までと致します。
  • 本會館は館長の許可無く他流派との交流及び重複入会はできません。また、同居の親族関係者にも適用されます。
  • 會館より錬士不適当と判断させていただいた場合入会のお断りをいただく場合があります。 入会後表明・確認に関して虚偽申告をしたことが判明した場合は、速やかに退会手続きをとり、返金を要しません。 また、會館から通知により取引が解約され、これにより損害が生じた場合でも、一切異議申し立ては受け付けません。

問い合せ先

呈峰會館事務局 電話番号 0564-54-3060
お問い合わせ時間 月曜日~日曜日 10:00~22:00
*お休みはありません。お気軽にお問い合わせ下さい。