ホーム > 入門案内 > 昇級・昇段ステップ

入門案内

昇級・昇段ステップ

審査は、年3回(6月、10月、2月)と行います。 入会・合格して4カ月以上のキャリアの方から受審資格あり 4カ月単位で60%以上の出席率の者に審査毎の受審資格あり 一週間前までに申込書と審査料を添えて申し込んで下さい

白帯(9級)正座(あいさつ)・基本技
青帯(8級)基本技
青ライン(7級)基本技
黄帯(6級)基本技・開脚
黄ライン(5級)基本技
緑帯(4級)基本技・位置取り
緑ライン(3級)基本技・位置取り・回し蹴り
茶帯(2級)基本技・位置取り・投技(流し投げ・裏投げ)
茶ライン(1級)基本技・位置取り・投技(流し投げ・裏投げ)
黒帯(初段)基本技・投技・武器術
黒帯(二段)基本技・投技・武器術
黒帯(三段)基本技・投技・武器術
黒帯(四段)基本技・極め技・武器術
黒帯(五段)基本技・極め技・武器術

*7級以上に組手審査があります。

  • それぞれの段階に合わせた型や動きを幾つかのパターンとして覚え、それらをマスターしてはじめて次の段階にステップできます。
  • 6級受験時の開脚は、30歳以上はなし。
  • 3級受審時、全ての人に回し蹴りあり。

文武両道の精神

呈峰會館の組討道(空手道)には、武と文の二つの領域があります。

実技試験

「武」は、突き蹴りの稽古となりますが、素朴な疑問が修練するものの基本となっております。
決して「昔から伝わったものだから覚えなければならない」等の強要はありません。
段・級審査は対象で技術部が執り行います。

学科試験(2級以上が対象)

「文」は、バランスを理解出来る心を養うものです。社会生活が基本となっております。
徳目の「礼」がポイントとなります。
*「礼」とは人に頭を下げるとか、感謝という事ではありません。
教位資格は対象で教育部が執り行います。

「刀は手入れを怠らずしてこそ刀なり」
されど人に向けてその鞘から抜いたとき
その者は人にあるまじき者なり